株式会社SmartHR を退職します

TL;DR

  • 2019年6月末で 株式会社SmartHR を退職します
  • 転職先または単発のお仕事探してますご連絡お待ちしております
  • 熱い自分語り

で、誰?

github.com

モチベーション

株式会社SmartHR (当時はクフでした) に入社してから早2年と少しが過ぎました。SmartHR という会社は自分のキャリアにとって初めて経験するスタートアップでしたが、この会社でこのフェーズを経験できたことは僕の人生の最高の瞬間であったことは間違いありません。

じゃあなんで退職するのかというと、大きく分けて2つの理由があります。

ソフトウェアエンジニアとして貯金がしたくなった

実は現在、昨年の builderscon 2018 で登壇させて頂いたあれ*1から今まで、社内でプロダクトコードをほぼ書いていません。

f:id:Purintai:20190517130345p:plain

その大きな要因のひとつとしては、会社のエンジニア採用がうまく行っていなかったことによる危機感から、自ら志願して採用担当になったことだと思っています。

SmartHR は日本の複雑な社会保険制度や、企業ごとに異なるバックオフィスの業務プロセスと向き合う必要があり、それら現実の課題に少数精鋭で立ち向かうことは現実的に難しいです。 しかしながら急拡大していくビジネスサイドのスピードに、プロダクトサイドも応えていかなければなりません。プロダクト開発の足を引っ張っていたデータベース移行問題を解決した今、次に解決すべきは採用であることは確定的に明らか。

そこで2018年下期から開発チームから人事チームに異動し、採用にまつわる実務・企画・広報・制度設計など様々なことにチャレンジしました。個人目標設定では採用数を KPI に設定してはいませんでしたが、2018年上期の悪夢であったエンジニア内定承諾数ゼロという状況から一転し、下期は10人もの最高の同僚を迎え入れることができました。V字回復!!

一定の成果を挙げることができブランドもある程度確立できたところで、2019年からはプロダクトと組織のセキュリティ課題に取り組むためにセキュリティエンジニアというロールで働き始めました。聞こえはかっこいいですが実のところは強い情シスぐらいの位置づけで、急成長する企業に起こりがちな情報氾濫問題とか、エンタープライズなお客様からの質問・要望に答えたりなど、割と地味な領域に取り組んでいました。

また、情シスという業務の特性上1つのタスクに集中して取り組むといったことが難しく、セキュリティグループに異動後もなし崩し的に採用業務には関わり続けることとなり、気がついたらもうずっとコード書いてないな……という状況が当たり前になってしまいました。

そんな状況でぼんやりと惰性で働いていた中、きっかけを生んだのは今年の RubyKaigi 2019 に参加したことでした。ここ数年の RubyKaigi は話についていくことが出来ていたつもりでいたのですが、今年は「まるでわからん、ついていけていない、果たして俺は Rubyist なのか?」という感情が突如湧いてきました。これは僕が初めて RubyKaigi に参加した2014年のときの気持ちに近くて、ああ、僕のソフトウェアエンジニアとしての実力は5年前になってしまったのか、貯金が尽きてしまったのか、と強い危機感を感じました。

環境をリセットしたくなった

では開発チームに戻ればいいじゃないか、という考えもあります。実際 SmartHR の開発チームは最高の状態で、何故かといえば僕が選考して一緒に働きたいと思った人を集めた最高のチームだからなんですけど、隣の部署から開発組織を眺めていて、生まれてくるプロダクトを見ていて、プルリクエストを見ていて、みんななんて凄いんだろう、やる気に満ち溢れてるんだろう、世の中にはこんなに凄い人がいるのか、なんか下手に僕が携わらない方が SmartHR の開発は上手くいくんじゃないか、という情念が湧いてきました。

SmartHR という会社はこれから10年・20年とスタートアップ界隈で語り継がれる伝説になることは間違いないでしょう、だけど僕がそこにいる必要性はもう多分なさそうで、静かに耳と目を閉じ口を噤んだ人間になることも考えましたが、また別の僕がこのままじゃあ終わりたくないな〜〜〜って語りかけてくるんですよね。

僕がこのまま在籍していてもソフトウェアエンジニアとしての業務に集中することは難しそうです、そんなこんなで中途半端な業務をしている自分がやや情けないというのもあって、いっそ環境をバッサリ変えてしまうのが良いなという気持ちが芽生えていたところ、そんな感じの話を上長にしたら「モチベーション切れたならしょうがないじゃん、次も応援してますよ」みたいな話になりそのままの勢いで今日退職を申し出ました。

次は何したいの

ソフトウェアエンジニアとしてコードを書いていきたいです。Ruby が好きなので Ruby が書ける仕事だと望ましいです。物理出社に抵抗ありませんが、渋谷に行くことには抵抗があります。優秀な人と一緒に働けると嬉しいです。ゲームや広告系は避けています。toC よりは toB が好きですが内容次第です。

幸い採用情報のオープン化や体験入社の取り組みを始めた会社が多くなったおかげで、転職先は探しやすくなっていそうですね。

次の行き先を決めていなかったまま勢いで決めてしまったので、つなぎの仕事も探しています。開発だけでなく業務プロセス設計や採用活動や広報に対するアドバイスなどもできそうです。

お仕事やご飯・お酒などのお誘いを頂けるのであれば私の Twitter までお気軽にご連絡ください。(DMは全体開放しています)

twitter.com

多分そのうち続きも書きます。また!